未分類

アシスタント、スタイリストの境界線はどこ??それぞれの仕事内容とは?

美容室の日常

美容室に行くだけで、非日常の空間に癒されますよね。

そんな空間が存在するのはスタイリストとアシスタントスタッフのおかげです。

でも、アシスタントとスタイリストって実際どんな仕事内容なのか、その境界って分かりにくいですよね。

今回は、それぞれの仕事内容の違いについてまとめてみました。

アシスタントとは

平均月収は13~17万円になります。

「アシスタントってシャンプーしてくれる人でしょ?」と思いがちなんですが、その仕事内容って幅広く、時間的にも体力的にもとってもハードなんです。

仕事内容は大きく2つに大別できます。

仕事の種類 内容
⓵施術関係
  • シャンプー
  • マッサージ
  • カラー、パーマの補助
⓶雑務
  • 掃除・片付け
  • 在庫管理
  • 電話対応
  • お茶出し

勤務後は、自分の勉強のためにカット練習など施術の練習をします。

時間の拘束も長く、肉体労働です。

スタイリストになる為には

アシスタントからスタイリストになるには約2~5年必要と言われています。

各美容室の条件や試験のもと、スタイリストになることができます。

※スタイリストであっても他の美容室に移った場合、アシスタントから勤務がスタートする場合もあります。

もちろん、美容師の免許は必須になります。

スタイリストとは

平均月収は21~26万円になります。

スタイリストの主な仕事内容は以下になります。

仕事の種類 内容
お客様の施術 最初から最後まで施術を行えます。
アシスタントの指導 仕事の合間や仕事終わりに、アシスタントへの指導を行う。

スタイリストになると、一人のお客様により寄り添える施術ができますね。

まとめ

スタイリストというと、見習いという観念が強いですが、実際は違いました。

スタイリストだけいても美容室は維持ができません。

スタイリストがスムーズに動けるようにアシスタントがサポートしてくれコトで、お客様は気持ちよく施術を終えることができるんでね。